京都洛北一乗寺下り松 八大神社  
八大神社からの募集

八大神社について|祭礼行事|宮本武蔵授与品御祈祷・結婚式・出張祭のご案内取材記事

最新情報・ブログ交通アクセス一乗寺情報・食事処リンクサイトマップお問い合わせ

ホーム > 祭礼行事 > 神幸祭 (氏子祭)

前のページに戻る


神幸祭(氏子祭) 五月五日

上一乗寺・下一乗寺・一乗寺住宅自治会のそれぞれの地域で神輿が巡行し、多くの人たちの奉仕によって盛大に執り行われます。

▼上一乗寺
▼下一乗寺
▼一乗寺住宅自治会


午後12:30〜1:00
神幸祭
 場所:上一乗寺集会所
 =上一乗寺御旅所
・奉幣式(約30分)
・奉幣太鼓・鉦

午後1:00〜4:30
神幸列 「剣鉾」「サンヨレ」
神輿巡行
午前9:00〜午後3:00
神幸祭
 場所:地蔵本公園
 =下一乗寺御旅所

神輿巡行

午前9:30〜午後2:30
神幸祭
 場所:柊社(比良木社)
 =一乗寺住宅自治会御旅所

神輿巡行
神幸祭:上一乗寺
神幸祭:下一乗寺
神幸祭:一乗寺住宅自治会
神幸祭(氏子祭)の様子はこちら
ブログ:神幸祭(氏子祭)のページ ・・・別ウィンドウを開きます




奉幣式

奉幣式は、上一乗寺集会所にて午後12時半から実施される式典です。 鉾差し2名が正装して参列者に御神酒と鳥肴を配し、約30分で式が終了します。
式典では、宮座の下座により太鼓と鉦が奉納がされます。始めは緩く徐々に合間をつめて速くなり、太鼓・鉦が調子を合わせて連打されます。七辺返しを三回行い、鉾差しが正面祭壇に三宝を安置し所定の位置に席した時、太鼓長は鉦・太鼓の連打を終わります。
宮座

奉幣式:上一乗寺

奉幣式:上一乗寺




神幸列

奉幣式終了後、社旗・露払いを先頭に、一乗寺下り松鳥居前の注連縄を切って順次八大神社に向かい、本殿前にて引き返し巡行路に入ります。
踊り児の男児は、五色の色紙で作られた垂紙の束を竹竿の先端に結いつけたサンヨウレホウキを持って練り歩きます。稚児は、冠・着物に袴を着用し、手に榊の小枝を持って巡行します。小学校1年生がこの任に当たります。 子供神輿は、たくさんの小学生が係の大人から指導を受けながら元気に巡行します。

神幸列

子供神輿




剣鉾巡行

剣鉾は、本殿前より「菊鉾」「龍鉾」「柏鉾」 の三基が一斉に差されて、巡行路に荘重な音を響かせます。伝統の技法を今に残し神輿の先駆けとして巡行する姿は、京都でも数少なく貴重な存在であり、京都市の登録無形民俗文化財になっています。
剣鉾

剣鉾巡行

剣鉾3基「柏」「龍」「菊」




神輿巡行

神輿奉賛会を中心に構成された大勢の神輿かきの人たちが、伝統の八角の神輿を盛大に巡行させます。要所要所で高く神輿を差し、沿道の人たちから喝采を浴びます。 熱気に汗ばみながらも、皆が力を合わせ声を合わせて心を込めて神輿を進めていきます。

神輿巡行

神輿巡行
神輿巡行




上一乗寺 神幸祭 神輿巡行経路

上一乗寺神幸祭神輿巡行経路




下一乗寺 神幸祭 神輿巡行経路

下一乗寺神幸祭神輿巡行経路



一乗寺住宅自治会 神幸祭 神輿巡行経路

一乗寺住宅自治会 神幸祭神輿巡行経路








ホーム > 祭礼行事 > 神幸祭 (氏子祭)

前のページに戻る


八大神社について|祭礼行事|宮本武蔵授与品御祈祷・結婚式・出張祭のご案内取材記事

最新情報・ブログ交通アクセス一乗寺情報・食事処リンクサイトマップお問い合わせ



京都洛北一乗寺下り松 八大神社  
募集