京都洛北一乗寺下り松 八大神社  
八大神社からの募集

八大神社について|祭礼行事|宮本武蔵授与品御祈祷・結婚式・出張祭のご案内取材記事

最新情報・ブログ交通アクセス一乗寺情報・食事処リンクサイトマップお問い合わせ

ホーム > 祭礼行事 > 遷御祭

前のページに戻る


遷御祭(宮座督殿渡し) 四月第一日曜日

神弓祭の斎行後、神前にて、宮座の督殿引継ぎの儀式である「御鍵渡し」が行われます。遷御祭は、この御鍵渡しの日の深夜に厳かに行う神事です。
督殿家の神床に一年間お祭りされた、神号軸(御分霊・神様)が晒で丁寧に包まれます。これに、御供師が付添い無言消燈でお送りします。新しい督殿家の神床に神号軸がお遷りされる重要な祭儀です。
この際に、神社の大切な御神宝も一緒に、天井の床の間寄りに吊るした竹の「お棚」に移されます。宮座の新しい長となった督殿は、一年間その部屋にて一人で寝起きをして、早朝に氏子安泰の祝詞を奏上する祭事が日課となります。
昔は、このお遷りは人と会わないで行われる事が条件になっており、村人は外出を控え家の明かりも消して気配りをていました。


神弓祭





ホーム > 祭礼行事 > 遷御祭

前のページに戻る


八大神社について|祭礼行事|宮本武蔵授与品御祈祷・結婚式・出張祭のご案内取材記事

最新情報・ブログ交通アクセス一乗寺情報・食事処リンクサイトマップお問い合わせ



京都洛北一乗寺下り松 八大神社  
募集