京都洛北一乗寺下り松 八大神社  
八大神社からの募集

八大神社について|祭礼行事|宮本武蔵授与品御祈祷・結婚式・出張祭のご案内取材記事

最新情報・ブログ交通アクセス一乗寺情報・食事処リンクサイトマップお問い合わせ

ホーム > 祭礼行事 > 湯立祭

前のページに戻る


湯立祭

古代の盟神探湯 【くがたち】 という、神明裁判の一つと関係のある禊の一種です。事の真偽正邪を裁くため、熱湯を探って神に誓いをたて、正しいものはただれず、邪(よこしま)なものはただれとします。神前でお湯を沸かし、巫女がその熱湯に笹の葉を浸して自分の身にふりかけたり、参拝人にふりかけたりして、神の託宣を得るものといわれています。 八大神社では夏と秋の年二回、湯立祭が行われます。

湯立祭の様子はこちら
ブログ:湯立祭のページ ・・・別ウィンドウを開きます

  
早苗振祭 【さなぶりさい】 七月上旬

氏子の農家が田植えを済ませた頃に行う湯立祭です。早苗が順調に生育することを祈願し、茹でた蚕豆と塩押しした胡瓜をお供えする神事です。


  
秋季湯立祭 十月上旬

初夏に田植えした稲の実りに感謝し、取り入れの時期に行われる祭です。栗御供祭の日に合わせて行う神事です。






ホーム > 祭礼行事 > 湯立祭

前のページに戻る


八大神社について|祭礼行事|宮本武蔵授与品御祈祷・結婚式・出張祭のご案内取材記事

最新情報・ブログ交通アクセス一乗寺情報・食事処リンクサイトマップお問い合わせ



京都洛北一乗寺下り松 八大神社  
募集